ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
サイドナビゲーションへ移動
フッターメニューへ移動

平成30年度「女性が輝くTOKYO懇話会」第3回 情報通信業編

エンディング

(治部氏)

○最後に皆さまから、これから情報通信業界を目指す方に対するメッセージや、せっかくなので、知事にお聞きしてみたいことなどがあれば、伺って締めたい。

(成井氏)

成井氏○多様な働き方に対応していくというところで、さまざまな保育形態があっていいのかなと思う。男性の育児参加の時間をもっと増やしていくための施策が先ほどもあったが、そういったところも今後どんどん展開いただく予定があるのかなと思って期待をしている。今後の計画を教えていただきたい。

(小池知事)

○私は、女性の力をそのままうずめてしまうのはもったいないと思っている。その意味で、子育てと仕事が両立できるようバックアップをしていく。それについては引き続き行っていきたい。あまり猫の目行政でくるくる変えるとみんなの都合がつかなくなってしまうので、できるだけここは徹底してやっていきたいと思っている。

○それから、男性の育児・家事について、例えば、今日は妻の代わりに育児があるからなんて言って有給を取ろうとしたら、もう出世は諦めるのかとプレッシャーが夫側にかかったりする。企業の風土もそれぞれ、外資とそうではないところとまた違うと思うが、やはり働く職場の空気が物を言う国だと思うので、そこから変えることも必要だと思っている。

(和田氏)

和田氏○私がタスカジというサービスを立ち上げた理由としては、仕事でもっとチャレンジしたいと思っている方たちが、家事が足かせになってできないという現状を変えたいというのが1つの側面であり、もう1つは、主婦としてずっとキャリアを積んできたにも関わらず、それを生かして活躍する場所がないという課題に対して場所を提供したいと思い、その二者間がうまくマッチングされればもっといい世界ができるんじゃないかなと思ったから。

○実際タスカジを利用していただいてる方からのコメントとしても、タスカジや家事代行の存在が自分のキャリアでチャレンジしようという気持ちを生み出したんだとか、昇進のオファーをもらってたのをずっと断り続けてたけど、タスカジさんの後押しがあったから今度受けてみようという気持ちに変わったというコメントをいただくことが多く、存在してるだけで皆さんの勇気になっていけたらなと思っている。

○東京都としてもこういうサービスがあるということや、家事代行サービスを利用するライフスタイルでこういうことがあって、こんなふうに仕事のチャレンジにつながっていくといったメッセージ発信をしていただくことや、先ほどの男性の家事・育児参画の取り組みを積極的にしていただければ、もっと精神的に助かる方が増えていくのではないかと思っている。

(増田氏)

増田氏○子育てなど、自身に関わってくれるキッズシッターや家事代行の方も含め、チームで家族を育てていく世界がもっと広がったらいいのではと思った。

○知事がおっしゃっていた会社の雰囲気も、例えば、半径5メートル、10メートルにいる人たちが理解して支えてくれればそこの空気感も全然違ったものになる。今は仕組みもたくさんあるので、後押ししていければいいなと思っている。

○また、選択肢をいっぱい与えるというところもキーワードだと思っている。私自身がキッズシッターサービスをすごくいいサービスだと思って活用しているが、人によっては、子供を知らない人に預けるのは抵抗があったりする。人々のライフスタイルに合った選択肢がもっと充実したもので、手に届くところにあるということを推進をしていただけると、みんなにとって生きやすい社会につながるのかなと思った。

(藤川氏)

藤川氏○テレワークについての話をさせていただき、この1年でだいぶ我が家は幸せになったなということを改めて実感した。

○皆さんのお話もすごく学ぶところが多かった。タスカジは絶対使おうと思う。ママ友と話していても思うが、頑張ればできてしまうぎりぎりのラインで、子供がどんどん大きくなってきて、そんな中で実際の負担は増えているが、今までやってきているから、家事も今までどおりできるだろう、という人が多いだろうと。限界まできて、きつくなったら外部サービスに目がいくのかなと、なんとなく実感として思っている。

○かく言う私も、私はまだ違う大丈夫だ、もっと大変な人がいる、という考え方があったなということに気づいた。もう少し外部サービスに目を向けて、みんな一度は使ってみたらいいのではないかと感じた。

(小池知事)

○ライフスタイルは時代によって大きく変わる。変化が続くんだろうなと思う。その中で女性の皆さんがビジネスの場で提案されて、それがタスカジさんのように主婦の方で何時間か自分の時間とスキルを提供することによって収入が得られると。そして、その分、外で働く女性が助かるというようなことで、うまく社会が循環する。得意分野をお互いに提供し合うことによって、世の中が回るような仕組みが必然として出来上がってくるのではと思う。

○特に情報通信業界はこれからますます伸びる分野だと思うし、その分野で女性が活躍するチャンスもいっぱいあると思う。子育てしながらもしっかりと仕事もできるという良い例をいきいきとお伝えいただいた。ありがとうございました。

全体写真