ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
サイドナビゲーションへ移動
フッターメニューへ移動

女性が輝くTOKYO懇話会

開会 知事挨拶

小池知事〇昨年、女性として初めて都知事に就任した際、東京に3つのシティをつくると申し上げた。一つが安心・安全の都市、セーフシティ。もう一つが金融や環境といった分野で優れた都市、スマートシティ、そして、今日のテーマでもある、男性も女性も、子供もお年寄りも、障害を持った方も、みんなが輝ける、ダイバーシティである。

○どうすればもっと日本の女性が輝けるのか。日本では、仕事を取るのか子育てを取るのかという二者択一の選択を迫られることがあるが、どうして二つ一緒では駄目なのか、どうすればそれが可能になるのか。都民の半分である女性と、そのパートナーである男性が、両方輝けるような環境をつくっていきたい。

○日本も東京も力を入れているが、世界のランキングではどんどんランクを下げているという現実がある。他の国が日本以上に、女性を輝かせることで国が輝くという覚悟をもって、様々な政策を実行しているということだと思う。

○女性は家事・子育てをやっていればいいという時代ではなくなっている。社会の制度・意識を一つ一つ確実に変えていきたい。

○今日は治部さん、星野さん、山下さん、それぞれ仕事と家庭を両立させて活躍されている方々からいろいろな事例をお聞かせいただく。参考になることを一つでも見つけていっていただきたい。

〇この東京ウィメンズプラザには保育室があるので、イベントにもお子さんを連れて来ることができる。都のイベントではできるだけ保育施設を設け、保育中の皆さんが社会から切り離されて一人で子育てをするというのではなく、共に楽しみ、学べるような状況をつくっていきたい。

〇皆さんと共に、東京のダイバーシティを進めていきたい。

女性が輝くTOKYO懇話会 | 東京都における女性活躍推進の現状